小規模事業者であれば誰でも申請できる『小規模事業者持続化補助金』。

DMやチラシの作成費や、ホームページ制作費、店舗内装などの費用が補助対象になって何度も申請できるとあって最近非常に問い合わせが増えています。

今回は、累計200件以上の申請サポートを行ってきた私達がサポートの中でわかってきた『小規模事業者持続化補助金で採択されるための3つのポイント』をご紹介します。

小規模事業者持続化補助金の公式サイトはこちら
⇒https://r3.jizokukahojokin.info/

ポイント1:公募要領をとにかく読み込む

1つ目のポイントは【公募要領】です。

不採択となる方の多くは、公募要領をしっかりと読み込むことなく、とにかく補助金を受けたい受けたいと先走りしがちです。

けれども、公募要領には「どんな経費が補助対象となるのか?」とか「事業計画書のどこを審査するのか?」「どんな要件であれば加点するのか?」などとても丁寧に書かれています。

特に『審査内容』については、ここに書かれていることを抜け漏れなく事業計画書に落とし込めばよほどの事業でない限り採択されます。

なので、採択されたいのであれば少なくとも公募要領を【3回以上】は熟読して申請に臨むと良いです。

あと、公募要領と同じくらい大切なのが『よくあるご質問』です。

このよくあるご質問もしっかりと読み込まないと、採択率は下がってしまうのでこちらも3回以上は熟読することをオススメします。

ポイント2:事業を数字で語る

2つ目のポイントは『事業を数字で語る』です。

例えば、「現在の売上・営業利益の状況」「毎月の顧客数」「客単価」「成約率」などすべて数字で説明する必要があります。

審査する人間はあなたの事業をまったくわかっていません。もっと言うとあなたの業界のことも何もわかっていません。

なので、あなたにとって当たり前のことが審査する人間には通用しないと思ってください。

「この業界の平均客単価はこれくらいでしょ!」
「粗利率はこれくらいが当たり前だよ!」

というのが一切通用しないんです。

審査する人間があなたの事業計画書を見たときにきちんと理解できないとその時点で不採択になると思ったほうがいいです。

だからこそ、審査する人間が「この事業だったら税金を投入する価値があるね!」となるように事業を丁寧に数字で説明する必要があります。

ポイント3:補助金受給を目的にしない

3つ目のポイントは『補助金受給を目的にしない』です。

残念ながら、うちに相談に来る方の10%くらいは自分のやりたいことが決まっておらず、でももらえるものはもらいたいから補助金の要件に合わせて無理やり設備投資をしたい、という方です。

経験上、こういう方の事業はほとんどうまくいってません。

補助金はあくまでも【おまけ】であって、受給が【目的】ではありません。

補助金受給を目的にしてしまうと、事業計画書で必ずと言っていいほど矛盾点が出てきます。その矛盾点は容赦なく審査されるので、申請準備に時間と労力をかけてもすべてが無駄になってしまいます。

さらに、本業がおかしくなって、売上を上げるどころかどんどん下がってしまいがちです。

しかも、少し専門的なことを話すと補助金は【営業外収益】で【課税対象】です。

つまり、補助金を受給した年度は補助金受給金額分がまるまる経常利益に上乗せされるので、それも考慮して受給を考えないと税金貧乏になってしまいかねないんです。

だからこそ、補助金はあくまでも自身の事業をやる上でのおまけで、もらえたらラッキーくらいに考えておくほうが結果的に採択されやすい事業計画書も作れるし、事業もうまくいきます。

まとめ

採択されるための3つのポイントいかがでしたか?

当たり前のことと思う方もいるかもしれませんが、その当たり前のことを当たり前にやる方が採択されているということです。

もちろん、採択されやすい事業計画書の書き方はありますが、それも募集要領の審査項目に沿った内容を書くのが基本です。

そのためにも、とにかく募集要領をよく読み込んで、自分の事業を数字で語れるようになってみてください。

個別相談も受付中

「自社で受けられる補助金についてもっと詳しく知りたい」
「今考えている設備投資が補助対象になるのか知りたい」
「地方自治体が主体の補助金について詳しく知りたい」
「申請までの流れを知りたい」
「今考えている事業内容が要件に該当するか知りたい」
などなど

個別相談では補助金について、私達が知っていることは何でもお答えします。

個別相談は無料で、1回30分。

ZOOMでのみ行っています。

ご希望の方は、スマホで閲覧の上、LINEの下部メニュー(リッチメニュー)より「無料個別相談受付中」をタップしてください。

LINEの登録がまだの方は下記よりご登録ください。

「補助金申請ノウハウまとめ」
https://lin.ee/OP8i9GG