採択事例の概要

この方は個人事業主として20年以上BARを経営。

コロナの影響を近年は売上が減少しており、売上改善と創業当時から使っていて温度調整が効かなくなったエアコンとこちらも創業時から使っている外看板の取替をしたいということで相談を受けました。

補助金受給額

50万円

補助対象経費

電飾看板設置費用、エアコン設置費用、冷凍ストッカー設置費用

ポイント

持続化補助金では古くなった設備の単なる入れ替えは補助対象外となってしまいます。

そのため、その入れ替えがいかに販促につながるか、生産性向上につながるかを事業計画書に落とし込む必要があります。

今回で言うと、

・外看板は店舗前を移動する人に向けて「この店に入ってみたい!」と思ってもらえるようなデザインにすること

・エアコンの入れ替えをすることで店内を快適な温度に維持することができ、お客様の滞在時間を伸ばし売上を上げる

・食材の冷凍保存量を増やすことで保管期間を伸ばし食材ロスを減少。原価率の改善につなげる

という内容の事業計画書を作成して無事採択されました。

 

「古い設備を入れ替えたい」という相談はかなり多いです。

その悩みをそのまま事業計画書に書いても採択されないので、その入れ替えと「販売促進」「生産性向上」をどう結びつけるかが採択されるためのポイントとなります。

参考にしてみてください。

個別相談も受付中

「自社で受けられる補助金についてもっと詳しく知りたい」
「今考えている設備投資が補助対象になるのか知りたい」
「地方自治体が主体の補助金について詳しく知りたい」
「申請までの流れを知りたい」
「今考えている事業内容が要件に該当するか知りたい」
などなど

個別相談では補助金について、私達が知っていることは何でもお答えします。

個別相談は無料で、1回30分。

ZOOMでのみ行っています。

ご希望の方は、スマホで閲覧の上、LINEの下部メニュー(リッチメニュー)より「無料個別相談受付中」をタップしてください。

LINEの登録がまだの方は下記よりご登録ください。

「補助金申請ノウハウまとめ」
https://lin.ee/OP8i9GG